リターン分析でのリターンの確認方法

オリジナル集計表でのリターンの確認方法

 

リターンが確認できる帳票

日・月・年報

  • 月報
  • 年報

 

売上分析

  • オリジナル集計表

 

戦略分析

  • リターン分析
  • リターン分析(月別)
  • スタッフ別リターン分析
  • 区分別リターン分析
  • 新規客リピート分析

 

この中でよく利用される

リターン分析

オリジナル集計表

について、ご利用方法をご説明いたします。

 

 

リターン分析

1. バックヤードにログインしてください。

2. 画面上部に表示される『戦略分析』をクリックしてください。

3. 画面左側に表示される『リターン分析』をクリックしてください。

 

4. 集計月至、店舗、スタイリスト等を指定してください。

5. 『集計』をクリックしてください。

 

指定した集計月至までの6ヶ月分の集計が表示されます。

基本的な表の見方としては、で囲まているように、横列を見ます。

 

ここでは2020/09を例に説明いたします。

技術売上 総客数 新規数 客単価 30日 60日 90日
2020/09 291,663 51 14 5,719 86.3% 44 94.1% 48 94.1% 48
85.7% 12 85.7% 12 85.7% 12

 

2020年9月に来店された総客数は51人で、30日以内にそのうちの44人(44 ÷ 51 = 86.3%)が再来店されており、これが60日以内だと48人(48 ÷ 51 = 94.1%)が再来店されていることになります(30日以内に来られている44人も含まれる)。

という風に、その月に何人のお客様が来店され、そのうち「何日以内に何%のお客様が帰ってきているのか(リターンしているのか)」を見るかたちになります。

 

日数は各お客様ごとの来店日から何日後というカウントになります。

(例えば、9月1日に来店されたお客様が10月10日に再来店された場合は、日数が39日となるため60日以内リターンの枠に入ります。

また、9月1日に来店されたお客様が11月1日に再来店された場合は、日数が61日となるため90日以内リターンの枠に入ります。)

 

 

オリジナル集計表

1. バックヤードにログインしてください。

2. 画面上部に表示される『売上分析』をクリックしてください。

3. 画面左側に表示される『オリジナル集計表』をクリックしてください。

 

4. 『新規』をクリックして帳票を作成します。

 

5. 帳票項目の登録画面が表示されます。

 

6. 分類の▼をクリックして、分類一覧より『リターン』を選択してください。

 

7. 表示項目名の▼をクリックして、表示項目一覧より確認したいリターンに関する項目を選択してください。2列目以降も同様の操作を行ってください。

 

8. オリジナル帳票名の入力を行ってください。

9. 情報の入力後は『登録』をクリックしてください。

 

10. 帳票種類、集計単位、店舗、期間、リターン対象月を指定して、「印刷」をクリックしてください。

リターン対象月は、期間自から〇か月前に来店された方が、期間至までにどれくらいリターンしているのかを抽出するために指定する項目となります。

 

印刷をクリックすると以下のような表が表示されます。

期間は2021/02/01~2021/02/28、リターン対象月は3ヶ月前で設定しているので、この表は2021/02/01から3か月前の2020/11/01~2020/11/30に来店された方のうち、2021/02/28までにリターンした人数で集計されます。

 

店舗名 新規リターン数 新規リターン対象者数 新規リターン率
テストA 1 3 33.3%
合計 1 3 33.3%

新規のデータを例でいうと、2020/11/01~2020/11/30に来店された新規客が3人、そのうち2021/02/28までにリターンされたのが1人のため、新規リターン率は(1 ÷ 3=)33.3%となります。

集計区分とは

集計区分の登録方法

集計区分ごとの集計方法

集計区分とは

集計区分とは、部門・売上部門・分類とは別にカテゴリー分けができる区分のことです。

例えば、下記のように通常メニューとは別に、キャンペーン用のメニューを作成したとします。

部門 売上部門 分類 メニュー 集計区分
技術 ヘアー カット カットA カット
カラー カラーA カラー
スパ スパA スパ
キャンペーン キャンペーン カット カット
キャンペーン カラー カラー
キャンペーン スパ A スパ
キャンペーン スパ B

 

カットだけの売上を調べたいという場合に、部門や売上部門単位で集計するとカット以外の売上も含まれてしまいます。

分類単位で集計すると、カットの集計が分類ごとに分かれてしまいます。

 

そこで、集計区分を利用すれば分類が異なるメニューであってもまとめて集計することが可能になります。


 

集計区分の登録方法

1. バックヤードにログインしてください。

2. 画面上部に表示される『マスタ管理』をクリックしてください。

3. 画面左部に表示される『集計区分マスタ』をクリックしてください。

 

4. 集計区分を追加する場合は、空欄の枠に登録していきます。「集計区分名」「売上部門」「並び」を入力してください。

※任意でご登録いただける集計区分は9個までです。

 

5. 情報の入力後は『更新』をクリックしてください。

 

集計区分マスタの登録は終了です。

続いてメニューマスタに対して集計区分を設定してください。

 

6. 画面上部に表示される『メニュー管理』をクリックしてください。

7. 画面左部に表示される『メニューマスタ』をクリックしてください。

 

8. 「技術」・「店販」・「値引」から部門を選択してください。

9. 分類を選択してください。

 

10. メニューの一覧が表示されますので、一覧画面か詳細画面で集計区分を選択後、登録をクリックしてください。

メニュー一覧画面

メニュー詳細画面


 

集計区分ごとの集計方法

1. バックヤードにログインしてください。

2. 画面上部に表示される『売上分析』をクリックしてください。

3. 画面左側に表示される『オリジナル集計表』をクリックしてください。

 

4. 『新規』をクリックして帳票を作成します。

 

5. 帳票項目の登録画面が表示されます。

 

6. 分類の▼をクリックして、分類一覧より『集計区分』を選択してください。

 

7. 表示項目名の▼をクリックして、表示項目一覧より確認したい集計区分に関する項目を選択してください。2列目以降も同様の操作を行ってください。

 

8. オリジナル帳票名の入力を行ってください。

9. 情報の入力後は『登録』をクリックしてください。

 

10. 帳票種類、集計単位、店舗、期間を指定して、「印刷」をクリックしてください。

 

印刷をクリックすると以下のような表が表示されます。